Word文書をPDFファイルに変換する方法|(Excel、PowerPointも同じ操作)

知っておくと便利
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

PDFとは電子文書とも呼ばれており、【Portable Document Format】 の頭文字を取ってPDFと呼ばれています。

Nagomi
Nagomi

よく耳にする【PDF】という言葉ですが、どのようなときに使うのか確認していきましょう!

PDFファイルに変換するのはなぜ?

例えば、Wordで作成した文書を仕事の同僚にメールで添付したとします。

しかし、メールを受け取った同僚のパソコンには、Wordのソフトが入っておらず添付されていたWord文書を開くことができません。

こんなときにWord文書をPDFファイルに変換しておくと、相手のパソコンにWordのソフトが入っていなくても中身を確認することができます。
(PDFファイルはスマートフォンでも確認することができます)

また、勝手に編集されないように閲覧用としてPDFに変換することもあります。
例えば、ネット上でダウンロードできる家電製品などの取扱説明書もPDFファイルになっています。

ワードで作成した文書をPDFファイルに変換

ワードで作成した文書をPDFファイルに変換していきます。

①【エクスポート】からPDFファイルを作成する方法 ②【名前を付けて保存】からPDFファイルを作成する方法2パターンについて解説していきます。

▼▼動画での解説はコチラ

①エクスポートからPDFファイルを作成

  1. 【ファイル】タブをクリック
  2. 【エクスポート】をクリック
  3. 【PDF/XPSの作成】をクリック
  4. 【ファイル名】の変更
  5. 【発行】をクリック
    ※発行後にファイルを開くに【✔】を入れておくと、実際にPDFファイルが開き確認することができます。

②名前を付けて保存からPDFファイルを作成

  • 【ファイル】タブをクリック
  • 【名前を付けて保存】をクリック
  • 【参照】をクリックし保存場所を指定
  • 【ファイル名】を変更し、【ファイルの種類】を【PDF】に変更
  • 【保存】をクリック

▼▼保存されたPDFファイルがこちら

まとめ

今回はPDFファイルの作成について解説してきました。

仕事場ではもちろん、普段からPDFファイルを目にする機会も多いかと思います。

そして普段何気なく目にしていたPDFファイルは自分で簡単に作成することができます。

必用に応じて試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました