Windows11 タスクバーの設定|使いやすくカスタマイズしよう!

知っておくと便利
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

Windows11の初期設定では、タスクバーにあるスタートボタンが中央に表示されています。

今まで使ってきたWindowsのパソコンと比べると少しだけ見た目が変化しています。

今回は、そんなタスクバーの設定について解説をしていきます。

Nagomi
Nagomi

設定次第でWindows10以前のように、スタートボタンを左に配置することも可能です!

タスクバーについて

タスクバーとは、パソコン画面の一番下の部分で、そこにはスタートボタンや、ウィジェット、よく使うアイコンなどが配置されています。

上図を見ていただくと分かるように、Windows11の初期設定ではスタートボタンがタスクバー中央に設定されています。

この設定が使いにくい場合は、Windows10以前のようにスタートボタンを左側に配置することができます。

▼▼動画での解説はコチラ

スタートボタンを左側に設定する方法

  1. 【タスクバー】の上で右クリック
  2. 【タスクバーの設定】をクリック
  3. 【タスクバーの動作】をクリック
  4. 【タスクバーの配置】を【左揃え】に変更

設定を左側にすることで、以前のWindowsパソコンと同じ配置になります。

スタートボタンに合わせて、ほかのウィジェットやアイコンも左詰めに設定されます。

ウィジェットを消す方法

ここでは、最新のニュースや天気を見ることができますが、少しマウスがあたるだけでウィジェットが開いてしまい、邪魔になるという方も少なくありません。

ウィジェットが必用ない場合は非表示にすことができます。

タスクバーにある【天気予報】の箇所にマウスを当てると、ウィジェットが開きます。

  1. 【タスクバー】の上で右クリック
  2. 【タスクバーの設定】をクリック
  3.  ウィジェットを【オフ】

再度表示したいときは、同じ手順でウィジェットを【オン】に切り替えてください。

よく使うWordやExcelのアイコンをタスクバーに設定する方法

WordやExcelのように、よく使うアイコンをタスクバーに設定しておくことができます。

  1. 【スタート】をクリック
  2. 右上にある【すべてのアプリ】をクリック
  3. Wordのアイコンの上で右クリック
  4. 【詳細】にマウスをあて、【タスクバーにピン留めする】をクリック

また、タスクバーから外したいときは、タスクバーに配置しているアイコンの上で右クリックし、
【タスクバーからピン留めを外す】をクリックすることで簡単に解除できます。

まとめ

よく使うアプリは、タスクバーに設定しておくことで便利に使うことができます。

デスクトップにあるアイコンはダブルクリックで開きますが、タスクバーに置いているアイコンはクリックだけで開くことができます。

また、タスクバーに置いているアイコンは、ドラッグすることで簡単に順序を変更できます。

使いやすいようにカスタマイズしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました