ファンクションキー【F6~F10】の機能について|文字種の変換

ショートカットキー
当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

キーボードの一番上の段には【F1】~【F12】のボタンが並んでいます。

【F】はファンクションキーという言い方をし、機能や働きといった意味を持ちます。

Nagomi
Nagomi

今回は、ファンクションキー【F6~F10】の機能について解説していきます。

ファンクションキー【F6~F10】で出来ること

▼▼動画での解説はコチラ

ファンクションキーF6~F10までの役割は以下になります。

ファンクションキーF6ひらがな   
ファンクションキーF7全角カタカナ 
ファンクションキーF8半角カタカナ
ファンクションキーF9全角アルファベット
ファンクションキーF10半角アルファベット

実際に使うと、このような感じになります。
(例)「なごみ」と入力した後に、それぞれのファンクションキーを1回押していきます。

ファンクションキーF6なごみ  
ファンクションキーF7ナゴミ
ファンクションキーF8ナゴミ
ファンクションキーF9nagomi
ファンクションキーF10nagomi

このような結果になります。

また、ファンクションキーを続けて2回、3回と押し続けると下の表のようになります。

 2回3回4回
F6ナごみナゴみなごみ
F7ナゴみナごみナゴミ
F8ナゴみナごみナゴミ
F9NAGOMINagominagomi
F10NAGOMINagominagomi

4回押すことで、元の状態に戻ります。(1回押したときと同じ状態に戻ります。)

まとめ

ファンクションキーを覚えておくと、ボタン一つでカタカナやアルファベットに簡単に変換することができ、入力の手間を省くことができます。

タイトルとURLをコピーしました